お盆中日は・・・アハッ

一昨日でお盆が終わりました、ホッ
いつもお盆はちゃんと田舎と家を往復して迎えて
ますが、今回は義父の新盆なので、緊張・不安ばかり。
ところが7日に階段から私が落っこちて
負傷したものだからちゃんと新盆迎えられず、
とても悪い事をしたな、ダメ嫁だなと落ち込みと
それでもしんどいながら新盆を果たさなければと
いうプレッシャーがあったから、辛かったです。
でもこれで良かったのかなと思ってます。
大分前から新盆の事で精神的にきてたので
薬が離せられない状態まで追い込まれてたので・・・。

実はお盆中日14日に自分の思いを
このブログに書いて心の整理をしようとしたのに
最後の最後になって何を何処のキーを押したのか
結構長い長文が一瞬のうちにパーになりました。
ショックでした。自分の思いの丈を綴ったのに・・・

お盆前日はいつもは家族で田舎のお墓掃除に
行くのですが、私がこんな身体なので彼だけが
行ってくれました。
娘は私のお目付役・・・。
息子は事情があって帰省せず・・・。
そんな事はどうでもいいんです。

また何か逸れてしまっています。
実はお盆中日14日の事です。
彼の弟は必ずお盆に一人で来てくれるので
今回の義父(彼らからしたら実父)の為に
弟一人で来てくれると思ってたので
私にとっては「晩ご飯、何しよう?」
「焼き肉しようか!」なんて彼と話してたんです。
私達にとっても弟が来てくれるのを楽しみにしてたのに。

ところが、その中日14日の午前9時に、
私達の知らない間に養子に入ってた彼は
嫁と共に来たのです。
いや、来てくれたのです
朝の9時過ぎですよ。

ごめん、家は夜遅くまで活動してて
朝はあって無いような状態なのです。

義父が亡くなる前からその後も弟は必ず
メールか電話でアポとって来てるのに。
今回は何の連絡・アポ無し。
義父の為にお参りに来て下さったのは有難いと
思ってますが・・・。
彼の弟にとっては当たり前の事ですものね。

でも彼は弟に事前に私の身体の事をちゃんと
伝えてくれてたのに弟の嫁は何も聞かされて無かった・・・。
私が階段から落ちて大変だという事を
弟は自分の嫁に言ってなっかたらしい。
それでいて100Km離れた田舎に
彼の弟の友達がいるのですが、
彼の弟はその人に私の怪我した身体の事を
伝えてたらしく、その友人が家にお供えを送ってくれた時
彼がお礼の電話してくれたら私の事を
気遣って下さってたとの事。
ちょっと、おかしくないですか?
私は兄嫁なんですけど、弟嫁が私の負傷した事を
知らないなんて・・・メッチャ腹立つんですけど・・・。
私は身体を休める為に寝ていたから
来てくれた時起きる事が出来なかった。

じつはその日私は11時婦人科予約で
前の晩から眠れず状態・・・。
私は計画を立てなくては動けない堅いアホで・・・。
11時予約なら10時半に家を出る。
10時から化粧を始める。
その1時間か1時間半前から目を覚ますように
しないとダメだと計算し尽くして前の晩に寝ます。
その時は眠り薬も減らし、万全の対策を
練らなければ気が済まない、大馬鹿者です。

そんな時に朝早くからお参りに来て下さるなんて
有難いけど、有り難迷惑です

それだけじゃなく彼の弟が嫁と来た時
早く来た時、彼に対して失礼な態度を
したのだ~


私は一人っ子、本当は自分の家を継ぐべき人間。
それを両親も納得の上で彼へ嫁ぎました。
彼ん家の跡取りをほんまにしんどい思いして
産ませて貰いました。
ほんまに辛かったです。
ずっと陣痛きながら子供(息子)は出る気配無し。
どんだけいたのだろう。
分娩室前のベッドで苦しかった。
しんどくて息んだら緑色の水(羊水)が出てきたので
看護師さんもお医者さんもあわてて(主治医不在)
即、わたしを分娩室台へ。
何回も陣痛が来る度に「息んで!」って
おっしゃったけど、何度頑張ってもダメ・・・。
挙げ句の果て、看護師さんが私のお腹を押すために
私に・・・を見せながらも必死でお腹を押してくれました。
それもだめで、結局息子の頭が見えてたらしくて
吸引分娩に踏み切ってくれました。
その時は、私と息子を助けようとしてくれた先生の
他にもう一人産婦人科医と
万が一のための小児外科の先生・女の先生と男先生が
待機してくれてました。
本当に息子と私を助けて下さり
この場を借りてあらためてお礼を申し上げます。
ありがとうございました

また逸れてしまいましたね。
思い出しました
何故こんな事を書かなければならないのか・・・。
そのお盆中日14日に弟がアポ無しで
朝の早い時間からやって来た事に対して
私は腹立つんです。
彼が対応してくれたから
実は「私はこんな身体で誰とも対応でけへん!」と言って
彼は「分かってる僕がちゃんと対応するから!」と
約束してくれたから、安心してたんやけど・・・。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック